シンプリーキャットフードがリニューアルで変わったこと

シンプリーキャットフードは2016年の10月頃にリニューアルされました。リニューアルされた内容はどんなことだったのでしょうか。

・魚の配合量がアップ。

以前のシンプリーキャットフードの魚の配合量は全体の53%でしたが73%にアップしました。サーモンの量も増えさらに猫の食いつきも見どころです。魚好みの猫にとっても嬉しいポイントです。

・グレインフリーを採用。

以前は穀物の使用がありシンプリーキャットフードの購入を懸念された方もグレインフリーになったことで買いやすくなりました。グレインフリーにすることで猫にとって消化がしやすいキャットフードに生まれ変わりました。

・たくさんの野菜を追加。

以前のレシピではサツマイモが使われていませんでした。サツマイモは腹持ちも良く消化率がとても良くダイエットにも最適な食材です。他にもにんじん、りんごも含まれていてこれらはビタミンを多く含みます。そしてほうれん草は鉄分を多く含んでいます。

すべての食材が猫にとって良い物ばかりで健康を考えて作られています。魚で使われているサーモンも新鮮なものを使用し魚副産物は一切使用されていません。

骨抜きサーモン

31%

乾燥ニシン

12%

乾燥サーモン

11%

乾燥白身魚

6.5%

生マス

4.65%

上記は魚の使用率で多い順に記載しています。他にもサーモンオイルなどが配合され魚の配合量が73%にアップしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です